Junko & Oscar Wedding in Hawaii Wedding Part 2

IMG_6868

会場のあるKoOlinaはオアフ島の西側に位置し雨が少なくドライな天候なので、 通年野外ウェディングが出来ます。11月〜3月までは雨期になるのでテントが必要になってきます。(私達は10月でしたが、念のためディナーエリアにテントを使いました)

1DM21125Reception-deocrダイニングエリアは長テーブルにインパクトのあるテーブルクロス、アクセントカラーのターコイズのテーブルラナー敷きました。センターピースはテーマカラーでもあるフューシャピンクを基本にボリュームのあるフラワーアレンジメント。テントライナーはまるで雲のようなフワフワ感があり、シャンデリアの光を優しく包み込んでくれている様でした。

reception-decorダイニングエリアの他にもゲストにくつろいで頂けるエリアとして、ダンスフロアのそばにラウンジソファーを設け、白い布を垂らしたキャノピー(パゴーラ)を置きました。夜になるとピンクのライティングで昼とはまた違った ロマンチックな雰囲気に。

IMG_6285IMG_6472

そして夜はこんな感じにライトアップされました。

IMG_7654

ファーストダンスはMoon Riverに合わせてワルツを踊りました!

IMG_7584

レセプションは基本アメリカンスタイルのプログラムだったのですが、日本的なエレメントも取り入れたかったので、鏡開きを行いました。ハワイということもあって、酒樽レンタルをする商店を探し当て、升も現地で調達。アメリカからのゲストには大好評でした!

IMG_7785写真でも分かるように、二人の蓋を割るタイミングがずれてお酒が勢いよく飛び散り、私のドレスは日本酒まみれでした。(笑)

1DM26649

ディナータイムの頃には夕日も落ちて、テント内がライトアップされてシャンデリアとキャンドルの温かい光に包まれました。上の写真は私のお気に入りの一枚です!(みな真剣に食べてる 笑)

IMG_9203

ディナーの後はダンスタイム!ラテンの家族だけあって、みんなノリノリでした!ちなみに写真の真ん中に(背中を向けてるのは私)いるのは母親です。生まれて初めて母親が踊るところを見ました!(笑)日本の挙式には通常ダンスタイムはないので、日本の両親や親戚がどんな反応するのかちょっぴり不安でしたが、みんな盛り上がってくれて嬉しかったです!

IMG_7672

順番が前後してしまいましたが、最後にウェディングで使用したペーパーアイテムをいくつかご紹介します。

招待状はカリフォルニアのステイショナリーデザイナーPrim&Pixieに依頼したカスタムオーダー。今でこそ日本でもオシャレなカスタムデザインの招待状などを作るデザイナーの方が増えていますが、6年前は皆無でした!私たちの招待状は2ヶ国語だったので、本当は日本語と英語を両方理解できる方が良かったのですが、残念ながら当時は見つけられませんでした。Prim & Pixieはアメリカ人のデザイナーさんだったので、当初は色々と苦労されていましたが、(デザイナーさんのパソコンで日本語変換すると文字間にスペースが空いてしまったり)メールや電話でのやりとりを重ねて、私たちの納得いくオリジナルの招待状が完成しました!

デザインコンセプトはモダントロピカル。私たちはハワイウェディングだからと言って、いかにもハワイやビーチっぽい感じではなく、トロピカルだけどシックがキーワードでした。招待状のスタイルはブックレットタイプで、中には挙式の日程はもちろん、挙式前後に予定されたアクティビティーのプログラムや、オアフ島マップなど、遊び心のあるデザインが満載でした。(残念ながら日本語バージョンの写真が見当たりませんでした。。。)

やはり改めてみると、6年前なので今のデザイントレンドや自分の好みとは随分異なりますが、世界に1つの私たちのオリジナル招待状は今でも大事に保管してあります!

IMG_6447IMG_6501IMG_6480

駆け足で紹介しましたが、こうやって振り返ると本当に人生で一番幸せな1日だったなぁと改めて思いました!デスティネーションウェディングは通常のウェディングプランニングと比べて、ベンダーとのコミュニケーションなど大変な面も多々ありますが、ハワイという場所を選んで本当に良かったです!

Advertisements

TBT: Junko & Oscar Wedding in Hawaii Part 1

木曜の今日は恒例のThrow Back Thursday! 実は今日10月8日は私と主人のウェディングアニバーサリーです。身内ネタでちょっと恥ずかしいのですが、今日は6年前の2009年にハワイ・オアフ島で挙げた私達の結婚式の模様をお伝えします!

式からあっという間の6年でしたが、この6年でウェディングトレンドもすっかり変わり、今改めて写真を見返すと古さもちょっと感じますが(笑)、でも1年半かけてじっくりプランしたウェディングは今でも私達にとってはドリームウェディングです!

1DM20936-2NYに住む私達がハワイを結婚式の場所に選んだのは、始めは単純に日本とNYの中間という距離的な理由でした。私自身はハワイには数回バケーションで訪れた事はありましたが、主人はもちろん、主人の家族、友人にとってはハワイは未知の場所。距離的に中間に位置すると言っても、正確にはNYからは10時間、日本からは7時間なので、NYに住む人にとっては同じアメリカとは言え、そう気軽に行ける場所ではなかったのです。特に、あまり長距離のフライトに慣れていない主人の家族のリアクションが心配でしたが、バケーションも兼ねたハワイウェディングはゲストの皆さんにとっても良い思い出になったようで大成功でした!

実は自分のウェディングプランを始めるまであまりウェディングに興味はありませんでした。それと言うのも、私の知っていたそれまでの結婚式はどれも形式的でどこか似通っているものという印象があったからです。でも、実際にリサーチを始めると、アメリカのウェディングのクリエイティブで自由なスタイルにとっても驚きました!ハワイウェディングと言うと、アロハシャツ着て、いかにもカジュアルなビーチスタイルが主流だと思っていましたが、いえいえとんでもない!ハワイでもモダンでスタイリッシュな式が出来るんだ!それを知ってから私のウェディング熱に火が着き、それから1年半、朝から晩までウェディングの事で頭が一杯でした!(笑)

ハワイでウェディングをするにあたって、最初に決めたのは現地でコーディネーターを見つけることでした。ハワイはデスティネーション・ウェディングのメッカなのでプランナーやコーディネーターも沢山います。そして、私達が選んだのはFinishing Touch Event Design & Planningのサンドラ・ウィリアムス。数社コンタクトした中、直接電話でも話し、ウェブサイトのデザイン、ポートフォリオをじっくり見た結果、サンドラのセンスと信頼性に彼女をコーディネーターとして迎えました。当時もそうでしたが、今ではサンドラははハワイでハイエンドなウェディングをプロデュースする人気の高いプランナーの一人です。

会場に選んだのはオアフ島の西側、コオリナ地区にあるLanikuhonua。ここはハワイ文化施設財団の所有するビーチが隣接する土地です。ホテルや専用会場の結婚式とは違って、一から自分たちの好きなようにプランできるカスタムウェディングを望むカップルにはパーフェクトな会場なのです!Lanikuhonuaと言うのは英語でWhere Heaven Meets Earth、日本語で「天国と地球が出会う場所」の意味で、まさにその名の通りとっても素敵な場所です。

3032856_orig会場自体は400人程のゲストが入れる広大な芝生の広がるキャンバスですが、勿論ゲスト20人位からの小さなウェディングも出来ますよ! 私達は日本とNYから約50人のゲストが参加しましたが、式はインティメイトでプライベート感たっぷりのとっても贅沢な時間となりました。

前置きが長くなりましたが、それでは私達のハワイアンウェディング、お楽しみ下さい!

1DM29280Priscilla of BostonのシンプルでFlowyなドレスにカスタムで大きめの花をアクセントに付けました。

JOWedding2セレモニーはシンプルなアーチにアイボリー生地のドレーピング、そしてラズベリーピンクのフラワーアレンジメントをアクセントに。アイルデコレーション(バージンロード)はガーデンローズやダリアなどが入った木製のボウルをアイル両サイドに並べました。

IMG_7095IMG_65151DM21232IMG_6586

レセプションの様子はPart 2につづく。。。