WHITE & GOLD CHIC BOY BABY SHOWER PART 2

今回のシャワーのお料理はYAMA FOODSさんにケータリングを依頼しました。
YAMA FOODSさんの作る食べ物は正に食べるアート!カラフルで食べるのが勿体ないくらい素敵なパーティーフードにゲストの皆さんも大喜び!その他にも妊婦さん自ら作って頂いた、ズッキーニのカナッペ、ミニトマトのサラダ、そしてポテトグラタンなど、どれも目にもお腹にも美味しすぎる食べ物が並びました。

IMG_7920

food

IMG_7924

IMG_7908

IMG_7952

和気あいあい食事を堪能した後はゲームタイム!海外のベビーシャワーでは様々なゲームをします。そしてベビーシャワー専用ゲームグッズなどもたくさん販売されています。今回は私が以前招待された友人のベビーシャワーでしたゲームを取り入れました。その名も「ベビーフード名前当てゲーム!」はい、ベタですね!笑 名前の通りベビーフードを試食して何味か当てると言う、至って簡単なゲームです。でもこれがやってみると意外に面白いんです!準備も簡単だし、盛り上がりますよ〜。(準備が間に合わなく、離乳食の瓶に巻いたラベルの数字が手書きになってしまいました。汗)

IMG_7957

ゲームで盛り上がった後は、ゲストの皆さんからのプレゼントを妊婦さんが一つづ開けてお披露目。さすが妊婦さんの好みを知るお友達、とってもお洒落で可愛いベビーアイテムが沢山でした!妊婦さんからゲストへはFavorとしてハンドメイドソープが送られました。

IMG_7979

IMG_7968

IMG_8035

IMG_7939

そしてシャワーの最後は旦那さんもジョインしてのケーキカットでお開きとなりました。
今回ゲストの中にはベビーシャワー初体験の方も大勢いらっしゃりましたが、妊婦さんをはじめ、皆様に楽しんで頂けたました。中には二人目が生まれたら是非やりたい!とおっしゃって下さった方も居て、お手伝いさせて頂いた私達もとても嬉しかったです!

次は可愛いベビーに会えるのをスタッフ一同楽しみにしています!

 

Catering: Yama Foods | Favor (soaps): Marks & Web |

Junko & Oscar Wedding in Hawaii Wedding Part 2

IMG_6868

会場のあるKoOlinaはオアフ島の西側に位置し雨が少なくドライな天候なので、 通年野外ウェディングが出来ます。11月〜3月までは雨期になるのでテントが必要になってきます。(私達は10月でしたが、念のためディナーエリアにテントを使いました)

1DM21125Reception-deocrダイニングエリアは長テーブルにインパクトのあるテーブルクロス、アクセントカラーのターコイズのテーブルラナー敷きました。センターピースはテーマカラーでもあるフューシャピンクを基本にボリュームのあるフラワーアレンジメント。テントライナーはまるで雲のようなフワフワ感があり、シャンデリアの光を優しく包み込んでくれている様でした。

reception-decorダイニングエリアの他にもゲストにくつろいで頂けるエリアとして、ダンスフロアのそばにラウンジソファーを設け、白い布を垂らしたキャノピー(パゴーラ)を置きました。夜になるとピンクのライティングで昼とはまた違った ロマンチックな雰囲気に。

IMG_6285IMG_6472

そして夜はこんな感じにライトアップされました。

IMG_7654

ファーストダンスはMoon Riverに合わせてワルツを踊りました!

IMG_7584

レセプションは基本アメリカンスタイルのプログラムだったのですが、日本的なエレメントも取り入れたかったので、鏡開きを行いました。ハワイということもあって、酒樽レンタルをする商店を探し当て、升も現地で調達。アメリカからのゲストには大好評でした!

IMG_7785写真でも分かるように、二人の蓋を割るタイミングがずれてお酒が勢いよく飛び散り、私のドレスは日本酒まみれでした。(笑)

1DM26649

ディナータイムの頃には夕日も落ちて、テント内がライトアップされてシャンデリアとキャンドルの温かい光に包まれました。上の写真は私のお気に入りの一枚です!(みな真剣に食べてる 笑)

IMG_9203

ディナーの後はダンスタイム!ラテンの家族だけあって、みんなノリノリでした!ちなみに写真の真ん中に(背中を向けてるのは私)いるのは母親です。生まれて初めて母親が踊るところを見ました!(笑)日本の挙式には通常ダンスタイムはないので、日本の両親や親戚がどんな反応するのかちょっぴり不安でしたが、みんな盛り上がってくれて嬉しかったです!

IMG_7672

順番が前後してしまいましたが、最後にウェディングで使用したペーパーアイテムをいくつかご紹介します。

招待状はカリフォルニアのステイショナリーデザイナーPrim&Pixieに依頼したカスタムオーダー。今でこそ日本でもオシャレなカスタムデザインの招待状などを作るデザイナーの方が増えていますが、6年前は皆無でした!私たちの招待状は2ヶ国語だったので、本当は日本語と英語を両方理解できる方が良かったのですが、残念ながら当時は見つけられませんでした。Prim & Pixieはアメリカ人のデザイナーさんだったので、当初は色々と苦労されていましたが、(デザイナーさんのパソコンで日本語変換すると文字間にスペースが空いてしまったり)メールや電話でのやりとりを重ねて、私たちの納得いくオリジナルの招待状が完成しました!

デザインコンセプトはモダントロピカル。私たちはハワイウェディングだからと言って、いかにもハワイやビーチっぽい感じではなく、トロピカルだけどシックがキーワードでした。招待状のスタイルはブックレットタイプで、中には挙式の日程はもちろん、挙式前後に予定されたアクティビティーのプログラムや、オアフ島マップなど、遊び心のあるデザインが満載でした。(残念ながら日本語バージョンの写真が見当たりませんでした。。。)

やはり改めてみると、6年前なので今のデザイントレンドや自分の好みとは随分異なりますが、世界に1つの私たちのオリジナル招待状は今でも大事に保管してあります!

IMG_6447IMG_6501IMG_6480

駆け足で紹介しましたが、こうやって振り返ると本当に人生で一番幸せな1日だったなぁと改めて思いました!デスティネーションウェディングは通常のウェディングプランニングと比べて、ベンダーとのコミュニケーションなど大変な面も多々ありますが、ハワイという場所を選んで本当に良かったです!