TBT: Junko & Oscar Wedding in Hawaii Part 1

木曜の今日は恒例のThrow Back Thursday! 実は今日10月8日は私と主人のウェディングアニバーサリーです。身内ネタでちょっと恥ずかしいのですが、今日は6年前の2009年にハワイ・オアフ島で挙げた私達の結婚式の模様をお伝えします!

式からあっという間の6年でしたが、この6年でウェディングトレンドもすっかり変わり、今改めて写真を見返すと古さもちょっと感じますが(笑)、でも1年半かけてじっくりプランしたウェディングは今でも私達にとってはドリームウェディングです!

1DM20936-2NYに住む私達がハワイを結婚式の場所に選んだのは、始めは単純に日本とNYの中間という距離的な理由でした。私自身はハワイには数回バケーションで訪れた事はありましたが、主人はもちろん、主人の家族、友人にとってはハワイは未知の場所。距離的に中間に位置すると言っても、正確にはNYからは10時間、日本からは7時間なので、NYに住む人にとっては同じアメリカとは言え、そう気軽に行ける場所ではなかったのです。特に、あまり長距離のフライトに慣れていない主人の家族のリアクションが心配でしたが、バケーションも兼ねたハワイウェディングはゲストの皆さんにとっても良い思い出になったようで大成功でした!

実は自分のウェディングプランを始めるまであまりウェディングに興味はありませんでした。それと言うのも、私の知っていたそれまでの結婚式はどれも形式的でどこか似通っているものという印象があったからです。でも、実際にリサーチを始めると、アメリカのウェディングのクリエイティブで自由なスタイルにとっても驚きました!ハワイウェディングと言うと、アロハシャツ着て、いかにもカジュアルなビーチスタイルが主流だと思っていましたが、いえいえとんでもない!ハワイでもモダンでスタイリッシュな式が出来るんだ!それを知ってから私のウェディング熱に火が着き、それから1年半、朝から晩までウェディングの事で頭が一杯でした!(笑)

ハワイでウェディングをするにあたって、最初に決めたのは現地でコーディネーターを見つけることでした。ハワイはデスティネーション・ウェディングのメッカなのでプランナーやコーディネーターも沢山います。そして、私達が選んだのはFinishing Touch Event Design & Planningのサンドラ・ウィリアムス。数社コンタクトした中、直接電話でも話し、ウェブサイトのデザイン、ポートフォリオをじっくり見た結果、サンドラのセンスと信頼性に彼女をコーディネーターとして迎えました。当時もそうでしたが、今ではサンドラははハワイでハイエンドなウェディングをプロデュースする人気の高いプランナーの一人です。

会場に選んだのはオアフ島の西側、コオリナ地区にあるLanikuhonua。ここはハワイ文化施設財団の所有するビーチが隣接する土地です。ホテルや専用会場の結婚式とは違って、一から自分たちの好きなようにプランできるカスタムウェディングを望むカップルにはパーフェクトな会場なのです!Lanikuhonuaと言うのは英語でWhere Heaven Meets Earth、日本語で「天国と地球が出会う場所」の意味で、まさにその名の通りとっても素敵な場所です。

3032856_orig会場自体は400人程のゲストが入れる広大な芝生の広がるキャンバスですが、勿論ゲスト20人位からの小さなウェディングも出来ますよ! 私達は日本とNYから約50人のゲストが参加しましたが、式はインティメイトでプライベート感たっぷりのとっても贅沢な時間となりました。

前置きが長くなりましたが、それでは私達のハワイアンウェディング、お楽しみ下さい!

1DM29280Priscilla of BostonのシンプルでFlowyなドレスにカスタムで大きめの花をアクセントに付けました。

JOWedding2セレモニーはシンプルなアーチにアイボリー生地のドレーピング、そしてラズベリーピンクのフラワーアレンジメントをアクセントに。アイルデコレーション(バージンロード)はガーデンローズやダリアなどが入った木製のボウルをアイル両サイドに並べました。

IMG_7095IMG_65151DM21232IMG_6586

レセプションの様子はPart 2につづく。。。

YUKA & JON’S WEDDING IN KAMAKURA

IMG_0006春風が心地よい良い4月下旬に鎌倉のレストランで友人夫婦の結婚パーティーが行われました。
会場は築90年の古民家を改装して作られたイタリアンレストランで、家族や友人の総勢30人が集まりとてもアットホームなパーティーでした。

以前のブログでも触れましたが、今回、光栄にも私はパーティースタイリストとしてお手伝いさせて貰いました!ブライドの友人はとってもセンスが良いので、細かいディテールなど凝ったアイデアが満載で当日のお披露目がとても楽しみでした。

カップルのウェディングスタイルのキーワードはSimple, Stylish, Casual, Fun and Relaxing。テーマカラーはピンク、ネイビー、ゴールド。そして、ブライドの大好きなボーダー柄(ストライプ)をアクセントに招待状から、テーブルセッティングまでこれらのカラーを一貫してデザインに取り入れました。

IMG_3291
招待状を始め全てのペーパーアイテムのデザインをグラフィックデザイナーのAI FUKASAWAさんにお願いしました。特に、招待状はゲストが一番始めに手にする結婚式の顔。ブライドのビジョンと亜衣さんのクリエイティビティで他にはないオリジナルのとっても素敵な招待状が出来上がりました。

DX4A1238

ドレスはブライドがニューヨーク出張中に見つけたNoho(現在はトライベッカに転居)にあるSaja Boutiqueのコレクションのもの。シンプルだけどメタリックビーズのシックで上品なデザインが華やかさを添えます。Yuka-dress

DX4A0091

IMG_0011

DX4A0413

ブライドの友香ちゃんは以前カナダに住んでいたことがあり、お婿さんのジョンはカナダ生まれの日本暮らし、インターナショナルなそんなお二人はとっても素敵なカップル!

DX4A0604

Untitled-1

ブーケを始め会場を飾った花は横浜のフローリストLa Franceさんにデザインして頂きました。ブライドの好きなピンクの芍薬をメインにボリューム感のあるブライダルブーケはとてもシックでオシャレ!

tabledecor 2テーブルのセンターピースは芍薬やラヌンクルス、薔薇を使いブライドがDIYで作ったゴールドのメーソンジャーに入れたアレンジメント。

DX4A0345

長テーブルには白のリネンとネイビーストライプのラナー、ゴールドのチャージャープレートを使うことで一気に華やかさが増します!

IMG_0002 2DX4A0370

各ゲストのお皿の上にはカップルからの感謝の気持ちを綴ったThank Youカードが添えられました。

yukaartwork

DX4A0375

DX4A10313

DX4A0353

DX4A1230

お二人の幸せを願って乾杯!

DX4A10178

DX4A1151

会場のデコレーションを始め、お食事や細かいディテールの全てにおいてカップルのセンスが光る、オシャレで心温まるウェディングはカップルを始め、来て頂いたゲスト皆様の協力もあり大成功のうちに終わりました!

Yukaちゃん、Jon末長くお幸せにね!
Wishing you love, joy, and a long life spent together. Congratulations Yuka & Jon!

Photographer : Ayako Kaneko |Hair & Makeup(ヘアメイク):Beautrium 七里ガ浜  | Florist(フローリスト): ラ・フランス | Reception (会場) : Esselunga | Bride’s dress(ドレス) :| Saja Wedding | Bride’s shoes (靴) : Pellico | Paper items (メニュー、座席カード): Ai Fukasawa